• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

カグラッチ

メモ

こんにちは!アクアリウムアドバイザーこと当ショップ店長のカグラッチです。店長日記(ブログ)にはHPの更新情報や各種飼育情報などを載せていますので、是非ご覧下さいね!また、メルマガ登録をしていただけると、もっとアクアリウムをエンジョイできると思います・・・

このアイコンはこちらで作りました。


店長日記はこちら

初めての方へ(ご購入の流れ)
エフィッシュ製品のコンセプト
エフィッシュ製品取扱店舗
エフィッシュ製品の販売を希望される販売店様へ
よくあるQ&A
相互リンク
メルマガ登録・解除はこちら
グレセラ N
型番 GSN-01
販売価格

2,667円(税込2,880円)

購入数

この商品は2個からご注文いただけます。

■店長のお薦めポイント ■
レッドビーシュリンプにとって水質の悪化は致命傷です。なぜなら体自体が小さく、少しの変化にも耐えられないからです。レッドビーシュリンプは特に敏感なようです。グレセラを使うことで、最も危険なアンモニア性窒素を除去していけば安心です。




ろ材なんて、何でもいいと思っていました。(北海道 井上様)


グレセラPの中身

 水槽内で、立ち上がり初期やろ過バランスが崩れた時に発生する、有害なアンモニア性窒素やコケの発生の原因ともなるリンを素早く吸着除去し、レッドビーシュリンプにとって快適な水環境を作り出します。また、オルトリン酸などアオコの発生原因となる物質も吸着除去するので、その発生を抑えることができます。
 グレセラは全国の水族館で実際に使用されていて、その効果、ろ過能力、信頼性が実証されています。  グレセラにはアンモニア性窒素(N)を優先的に吸着除去するグレセラ
Nとリン(P)を優先的に吸着除去するグレセラ Pがあり、どちらもpH緩衝材的な能力・効果を持ち合わせています。  形状は何れも多孔質構造を持つタブレット状で、広大な内部ろ過面積を有しています。
 一般的にフィルター流量が大きければ大きいほど、またろ過材も水通しが良い形状のものほど理想的と言われていますが、実際は、これらにある程度ゴミが詰まって、少し流量(分散水流)が落ちた状態の方がろ過サイクルが上手く働く場合が多いものです。流れが速すぎると定着しない微生物もいます。実際にろ過材の掃除や洗浄、交換をしたとたんに水流環境が変化し、バランスが崩れたといったことは良く聞かれることです。
 グレセラのタブレット形状は、ろ過槽内の水流を和らげ、そこに住み着く硝化バクテリアや微生物たちにとって最も理想的な水流環境を提供できるようにするための工夫の1つなのです。


【内容】約1リットル タブレット状多孔質ろ過材

・セラミックの成分の陽イオン交換の原理によりアンモニア性窒素(N)を優先的に吸着除去します。(陽イオン交換には優先順位があり、水中ではアンモニアより高い成分はほとんどありません。また、セラミックは原料の選定・焼成温度を変えることで、目的に応じた物質を選択的に除去することができます。)
・オルトリン酸などアオコの発生原因となる物質も吸着除去します。 ・pH緩衝材的な能力・効果。その他、波動効果もあります。 ・フィルター内の水通りのいい箇所に配置して下さい。
・表面がザラザラした多孔質で、赤茶色をしたタブレット状です。


【使用量】水量の2%を目安として下さい。(60cm水槽で1袋) 【交換時期】約1年

−詳細説明−

・硝化バクテリアが少ない時期や衰えた時期に、有害なアンモニア性窒素を吸着除去し、水質を安定させます。 ・水槽の立ち上げ時期には、まだ硝化バクテリアが十分でなく、生物的ろ過が行われていません。従って水槽内には有害なアンモニア性窒素が徐々に増えてきますが、通常2週間程度で硝化バクテリアが働き始めるので、それまでにグレセラ
Nをセットし、アンモニア性窒素を吸着除去します。 ・吸着能力は強すぎてもいけません。アンモニア性窒素はバクテリアにとって大切なエサですから、適度な能力が必要なのです。その様な意味でもグレセラはちょうど良い吸着能力なのです。
・吸着能力は徐々に低下していきますが、その後は通常のろ過材のように生物ろ過をメインに切り替わっていきます。可能であれば追加投入しても良いでしょう。 ・水の富栄養化を防ぎ、水質を安定させます。
・水槽内の水はある程度時間が経つにつれ、硝化バクテリアや残りエサの影響などで窒素性酸化物やリン酸などコケの発生原因と言われる物質が増え(水の富栄養化)、徐々に汚れていきます。
・また、硝化バクテリアは水を徐々に酸性にしていき、通常pH6.4より下がると極端に生物的ろ過の能力が下がり再度アンモニア性窒素が発生し易くなります。このころにグレセラ
Pをセットし、水のpHを上げ、生物的ろ過を復活させるとともに、リンを吸着除去します。特に海水魚や水草水槽ではリンの除去は重要です。このpH上昇と吸着能力は徐々に低下していくので、追加投入又は交換していくことが理想的です。
・NとPは併用することをお薦めします。このようにグレセラを、上記のような状況下で各々単独に投入することは勿論、各水槽の状況に合わせて両方を時間差で併用したり、グレセラN/P各MIXの投入をお薦めします。
・グレセラ ミニは初心者でも簡単に扱えるように、NとPを最初から混合しています。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける